【5つの秘訣】古物市場+ヤフオク副業のポイント

ヤフオク転売で古物市場を使う際に、気をつけるポイント5つ

ここでは、古物市場を使いヤフオクで副業をする際に、実際に気をつけていた5つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

①安く買う
古物市場だからといって、すべて安いわけではない
ヤフオクの価格より高い商品もあるので、安いものをしっかり見極めて拾う必要がある。
(リサイクルショップの仕入先でもあるので、リサイクルショップ店舗価格>ヤフオク価格の商品はだいたい高い)

安いかどうかを知るためには、事前にヤフオクの価格を調べてから行くことが最重要であり、オークファンというHPが活用できる。(携帯電話でも見れるので、ブックマークしておけばその場で検索が可能)


②多く買う
古物市場に慣れるまでは少しずつでいいが、副業としてやる場合には、参加費や手数料にペイする規模を一度に仕入れないと、話にならない。

私は、だいたい5万ずつ仕入れて、販売時に30~60%上乗せの価格で売っていた。
1度の仕入れと販売で2~3万円程度の利益。

逆に言えば、30%の利益も乗らない価格では買ってはダメということでもある。(確実に売れる高額商品は別)



③小さく・軽く買う
ヤフオクで売る場合の、一番の問題は「送料」
送料が価格に対して小さくなればなるほど利益が増えるので、何を買うかは事前にあたりをつけておく。
レンジや炊飯器、冷蔵庫、家具などは、在庫がかさばる上に、送料が高くなるせいで売れにくい。これらは、ヤフオクより実際の店舗があるリサイクルショップ向けの傾向がある。

個人の副業では小さくて、価格が高い物が狙い目となる。
私は、デジタルカメラやMPプレイヤーをメインにやっていた。特に、デジカメの中古が新古品程度の価格でヤフオクで売れており、仕入値の2倍近くで売れることも多かった。

また、バルク(まとめ)売りのような売られ方(中身不明のDVD100枚でいくらなど)がでた場合、購入すれば、手間は非常にかかるがバラでひとつずつ売れば利益は高確率で出やすい。



④知っているものを買う
中古品を買うので、多少知識があるものでないと変なものを掴んでしまい大損するリスクがある。

特にレアものや骨董品などは、知識がないならリスクが高いため参加すべきではない。(なお、逆に始めから偽物を狙い「模造品を安く買い、模造品としてちょっと安く売る」というのを試したが、かなり利益を出しやすかった。)

ただし、儲かる商品はだんだん高くなっていく。固執することなく、商品の見極めや切り替えも重要



⑤すぐに売る
ヤフオクの価格は、時間が経てば立つほど下がっていく商品が多い。

思った価格で売れないことも多いが、在庫にこだわることなく、売れない場合は1円スタート最低落札価格なしなどにして、さっさとさばいて現金化するのが正解。(なお、1円スタートの方が価格は高くなりやすい)

こうしておけば、評価もたまるし、また、仕入れはいつでもできるのだから、手元資金が減り良いものが買えなくなるリスクが減る

服やレコードなどでは、売れ残った在庫をすべてまとめて「福袋」や「100本まとめ売り」などで売ってしまうのもよい。(なお、アパレルで福袋をやると、バラバラで売るくらい高く売れることもあった。特にこども服。)


スポンサーリンク